自然・健康・本物にこだわる創造メーカーを目指し、お客様の”こころとからだにうれしい”商品造りで、地域社会に貢献する。

ホリ乳業には信条があります。それは「酪農」「乳業」のプロである自分たちが、心から「いい」と思える商品をつくること。「売れる」商品ではなく、自分たちが「つくりたい」「売りたい」商品をつくること。
それが私たちのものづくりの原点です。

石川県河北潟に広がる50haの広大な直営牧場。
そこで育てられた健康な牛から、ホリ乳業の製品は生まれます。
私たちのモノづくりは、土づくり、草づくり、牛づくりからはじまっています。

牛乳は生のもの。できるだけ自然に近い、風味や栄養分豊かな牛乳をお届けしたい――そんなものづくりへのこだわりがあります。当社では、古くから牛乳に親しんできたヨーロッパで主流となっている「パスチャリゼーション」と呼ばれる製法に着目。全国に先駆けスウェーデン製の低温殺菌設備を導入するなど、新技術への取り組みにも力を注いでいます。

製造のプロである自覚をもって、牛乳、乳飲料、はっこう乳、清涼飲料、生洋菓子・・・ホリ乳業ではそれぞれのジャンルで精力的に製品開発を展開。美味しさ、安全・安心に加え、「まごころ」でオリジナリティあふれる高付加価値なものづくりを目指しています。例えばコーヒー飲料では、ていねいに抽出した上質のレギュラーコーヒーを使用。こだわりの乳酸菌を使った発酵乳など、独自の商品開発も進めています。

ホリ乳業は、「酪農」から「製造」、そして自社配送の「流通」まで、3つのフェーズで事業を展開。納得のいく商品をつくり、納得のいくカタチでお客様まで届けたい――その気持ちのあらわれです。